カードローン契約後退職した場合どうする?

カードローンは、原則として安定した収入があれば契約できることとなっています。ではカードローンの契約後退職して無職となった場合はどうなるのでしょうか?

カードローンを継続的に利用している方なら、退職したからと言って金融機関にその旨を報告しない場合が多いです。なぜなら無職になったら、カードが使えなくなるからです。しかし金融機関の規約には、退職した場合速やかに報告するように書かれているところがほとんどです。ですから退職したことを報告する義務があるのです。

また金融機関は数年に1度契約者の属性について独自に調査する場合があり、ばれることも考えられます。この場合も嘘をついていたことになるので、最悪退会処分になるのです。もちろん返済は続ける必要はありますが、一括返済までは求められません。

消費者金融のキャッシングの申込みはネットが便利

急な出費で困った時に消費者金融のキャッシングを利用できると便利です。家族に秘密でお金を借りたい時もあると思いますし、家族にばれないように申込むならネットが便利です。

プロミス借金のように消費者金融のキャッシングの申込みにもいくつかの方法があります。パソコンやケータイ、電話や郵送、もちろん、直接お店に行って申込めますが、誰にも会わずにキャッシングの申込みをしたい方がほとんどだと思います。

誰にも会わず、家族に秘密で申込むならやっぱりパソコンやケータイが便利です。

電話による面倒なやり取りもありませんし、本人確認書類もネットから送れます。

あと、自動契約機も誰とも会わずに申込めるので、パソコンやケータイを持っていない方には、近くの自動契約機で申込むといいでしょう。

ネットから申込むと確認の電話が消費者金融から掛かってきます。この時も消費者金融の名前は言わずに個人名でかけてくるので、家族が電話に出ても安心です。

審査はキャッシングを申込んで早くて1時間、消費者金融にもよりますが2時間ほどで審査結果が分かります。ちなみに限度額は審査によって決まるので、初めて申込む場合は、少なめに申込むと審査も通りやすくなります。

審査が通ったらすぐにお金を振り込んで貰えますし、急いでいる方にもスピーディに対応しています。

キャッシングの審査で重要な限度額の決め方

キャッシングに申し込むときは自分が希望する限度額をいくらにしてほしいかを自分で申告することになっています。

インターネットから申し込みを行う場合はホームページの申し込みフォームに情報を入力しますが、そのなかに借入れ希望額という項目がありますので、そこに何万円の限度額にしてほしいかを入力します。

キャッシングの商品によって最大の限度額が決まっていますので、最大限度額を超える金額を借りることはできません。もうひとつ、キャッシングには総量規制というルールがあります。

総量規制とは年収の3分の1までしかキャッシングできないという決まりのことです。そのため、消費者金融のキャッシングでは借入希望額は年収の3分の1以内にしましょう。

限度額が足りなくなった時どうする?

カードローンを契約した後どうしても今の限度額では足りない時、2つの選択肢があります。それは限度額の増枠申請する方法と、他のカードローンに申し込む方法があります。どちらが良いかは契約者の契約状況によって異なります。

贈枠して限度額が100万円以上となるなら、贈枠申請の方が良いです。なぜならたいていのカードローンで、限度額100万円以上になるとかなり金利が下がるからです。また100万円未満の場合でも、1社で借りる方が返済方法が楽です。

もう1社から借りるなら、無利息サービスがある金融機関で借りましょう。そしてなるべく1回で返済して、利息を支払わない方法で利用すべきです。

いずれにしてもあまり借入残高を増やすのは得策ではありません。どうしてもやむを得ない場合のみ、借入残高を増やすべきです。

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう